Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
HOME > よくあるご質問 > UVケアについて

よくあるご質問

会社案内
日やけ止めに書いてあるSPF、PA値とは何ですか?
会社案内

SPF…Sun Protection Factorの略。
UVBの防止効果を表す数値です。
SPF50+が日本化粧品工業連合会の統一基準で定められた上限値です。


PA…Protection Grade of UVAの略。
UVAをどのくらい防止できるかという目安です。
3段階に区分され、効果の度合いを「+」の数で表示しています。
PA+
効果がある
PA++
かなり効果がある
PA+++
非常に効果がある

会社案内
SPF値は高いほど良いのですか?
会社案内
数値が高いほどUVBの防止効果が高いと言えますが、日常生活ではSPF20~30のもので十分です。スポーツやレジャーでは、SPF30以上のものを使うと良いでしょう。但し、汗をかいたりすると効果が薄れてきますので、こまめに塗りなおすようにしましょう。

会社案内
残っている去年の日やけ止めを今年、使っても良いですか?
会社案内
まずは「色」と「におい」をお確かめください。
分離したり白かったものが褐色になったり、状態の変化や色の変化、においの変化がなく、特に異常を感じなければご使用いただけます。
しかし、少しでも異常があればご使用にならないでください。

会社案内
赤ちゃん、子供にも日やけ止めは使用できますか?
会社案内
紫外線は、赤ちゃんの肌にも大人の肌にも同じように降り注ぎます。しかし、赤ちゃんや小さな子供の肌は大人よりずっと薄く、さらに皮脂腺が未熟なために、肌を刺激から守る皮脂膜の状態も十分ではありません。外からの刺激には非常にデリケートです。外出の際には、パラソルや帽子などで直射日光をさえぎる工夫を心がけましょう。
やむを得ず長時間野外にいなければならない時には、日やけ止め化粧品を上手に利用して、紫外線によるトラブルを防ぐようにしてください。
  • 会社案内
  • 会社概要
  • 沿革
  • 沿革
PAGE TOP